ページを選択

アフリカへサファリに行く

見渡すかぎりヌーとシマウマ、ときどきライオン、そしてマサイ。
高度に複雑化した現代社会に属する者が、アフリカのサバンナに出かけたら–––? 
果てしなく拡がる平原で、自然と人、人と人との絆を見つめるエッセイ。

本来、生命というものは別の生命としっかり結びついているものだ。風のまにまに身をそよがせながら、花と花は絡み合う。白鳥は他のすべての白鳥と通じ合っている。ところが、そんな世界の中で、人間だけが孤独の塔を築いている。

サン=テクジュペリ/渋谷豊『人間の大地』