ページを選択

Photo: Nathan Dumlao

アメリカはよく弱者に厳しい社会と言われる。その象徴としてまっさきに挙げられるのが国民保険の不在なのだが、私は正直アメリカがなぜ国民保険をもたないのか、肌感として長いあいだ訳が分からなかった。

日本なら国民皆保険があって、国民は医療費の一部を負担するだけで、医師に診察してもらったり、なんらかの治療を受けたり、必要な薬を手に入れることができたりする。これがイギリスなら、国民健康サービスと呼ばれる国民皆保険があって、公的な医療機関の医療費はすべて無料と決まっている。そういう制度がアメリカにはない。国民皆保険の必要性が繰り返し国家で議論されたとしても、いまだに実現することのない国。医療費は自己負担ゆえに非常に高額であり、医療費が払えず自己破産する人も多数存在する。極論を言ってしまえば、お金がなければ医者にかかれない。救急車も呼べない。そんな現実がある。一体どうしてそんなことになってしまうのか、そんな状態を国民の総意で望んでいること自体、私は長いあいだうまく理解できないでいた。

さらに不可解だったのは、どちらかと言えば経済的に恵まれている人びとの中にも、経済的に困窮している人を救うことに全力で抵抗する人びとが存在する。たとえ大卒で有名企業で働き、出世までしているような人物でも「自分の稼いだお金の一部(税金)が、国民皆保険に使われるなんて許せない」というホンネを平然と持っていたりする。聞けば「努力もせず怠けている人たちを、どうして汗水垂らして頑張ってきた自分が助ける必要があるのか?」と言う。確かに日本でも「自己責任」のロジックはあるものの、アメリカのこうした弱者への手厳しさは拍車をかけて強い(そう考える人が人口割合として多い)と感じる。

この考えかたには、さまざまに反論することができるだろう。たとえば「同じように努力しても報われる場合と報われない場合がある #運」とか「あなたの成功は、その資質や努力が時代に合っていたからであり、もし狩猟採取時代に生まれていたら、成功の定義がまったく異なっているので、あなたの資質や努力にたいする恩恵はおそらく得られなかったのでは? #運」とか、「努力できるかできないかは、遺伝子の影響がある #遺伝」とか「よい教育を受けられるかは、生まれついた家による #運 #境遇」とか)… 多分もっとも有名で骨太な反論はマイケル・サンデル教授によるものだろう。しかしながら、こうした反論があったとしても、彼らには彼らの揺るがない信念があり、それによれば「自分は努力したおかげで成功しているのだから、努力していない人を助ける必要はない」ということになる。この考えかたは個人的に同意することができないが、それはいったん脇に置いて、彼らがなぜそう信じるようになったのかある程度の肌感をもつことがずっとできないでいた。

それが最近、そういう人びとの言い分が少しだけ想像できる、そんな気がする瞬間がおとずれた。きっかけは、アメリカに留学している息子の直面している熾烈な受験競争だ。彼は現地の私立中学生で、まもなく高校受験を控えていているが、高校受験は中学のすべての成績(「成績評価」と「努力評価」両方から成る)がきわめて重要だと言われている。進路相談専門の先生曰く、「競争率でトップ群の高校に進みたい場合、中学すべての成績でオールAを取っているのは必須です。そうでなければトップ群はまず受からないでしょう、というか実質的には見てもらえませんね」。しかしこのオールAというのは、よほどの秀才でなければ(勉強しなくてもデキてしまう稀有な人でもなければ)最初から最後まで勉強の手を抜くことなく惜しまず努力し、高いパフォーマンスを出し続けなければ、およそ手に入らない。つまりアメリカのシステムでは、受験に一発逆転はなく、常時とても高いレベルの「成果」と「努力」が求められる。

とくにアメリカは、中国のように14億人という巨大な人口母数を持つ国や、受験競争が熾烈を極めると言われる韓国から、我こそは(!)という若者たちが集まってくる(日本はそうではない)。進学校であれば、留学生は国を代表するようなピカピカの生徒まで入ってくるし、留学生はほんの一部だとしても、日本の3倍の人口を持つアメリカ、中でもとくに教育熱心な家庭出身の生徒がここぞという進学校へ集められてガチンコ勝負になる。また、進学校の中華系アメリカ人は突出したパフォーマンスで異彩を放つ傾向にある。息子の学校は、大半の生徒の民族的背景がアメリカ国籍の白人であるにも関わらず、学年末に成績優秀者として表彰される一部の生徒は、ほとんどが中華系アメリカ人(!)という事実がある。また、中学の成績は高校受験にきわめて重要だが、もちろんそれだけで受験が決まるわけではない。成績がよいのは当然として扱われ、そのほかに所属する学校全体(=学校コミュニティ)にどれほど貢献できたかが常に問われてくる。アメリカはとくにここが鍵で、自分らしくどれだけコミュニティに貢献できたかによって、いわゆるリーダーシップのスキルや経験が見られている。さらに人格・パーソナリティも面接やエッセイなどで確実に審査されるし、スポーツや芸術でめざましい才能のある生徒は特別なボーナスがつき、中学の先生からの推薦状も大事な要素となる(私立の進学校であれば、さまざまな高校とすでにネットワークを築いており、中学の先生が生徒を受験校へ推してくれると言っても過言ではない)。これらに加えて、標準化された共通テスト(SSAT)もあり、多くの受験生が対策に追われる。つまりこの競争に勝つには、よい成績を取り、努力し続けることができ、よい人柄で、学校コミュニティに自分らしさで貢献し、他者と良好な関係を築き、標準化テストは高得点を取らなければならない。その上で、進路相談専門の先生によれば「何よりもっとも重要なのは、生徒と学校との相性(フィット)」なのらしい……. 

と、このあたりでやっと私の想像が追いついてくる。アメリカのエリート層が10代の頃から手を緩めることなく継続してきた努力、苦労、成功、失敗について、前よりもっと具体的に思いを巡らせてみたのだ。なにしろ進学校の生徒は熾烈な競争環境に置かれる。そんな環境システムで、中学・高校・大学まで10年を送り、自分のたゆまぬ努力、成果、人柄、他者との関係性など全方位フルスロットルで高水準のパフォーマンスを求められてきたエリート層こそ、むしろ努力しない(できない)人に自然と手厳しくなるのではないだろうか? よほど批判的な視点、クリティカル思考をもって自ら納得しない限り、ごく自然な帰結として、努力しない(できない)人に冷たくならざるを得ないのでは?? アメリカ、そして世界から(移民や留学生として)集まってくる優秀な人材が競い合う環境システムにいればいるほど、「俺は/私はここまで努力して結果を出している」「なぜそんな俺/私が努力しない(できない)人を救わなければならないのか」という観念がますます強まり、大人になったときにはすでに強固な信念となっている、そんな気がしている。